スマイルゼミ 通信教育 小学生 口コミ

スマイルゼミ・コアトレの口コミ/先取りやみんトレの使い方など

スマイルゼミ・コアトレの口コミ/先取りやみんトレの使い方など

スマイルゼミで今もっとも気になるのが、追加料金なしで「先取り」や「さかのぼり」学習ができるコアトレではないでしょうか。

実際にコアトレを使ってみた感想は、「今まで以上にモチベーションアップしやすい教材になったやん!」ってことに尽きます。

というのも、問題を解くスピードや正解数など、ユーザー同士でリアルタイムに競い合えるようになったからです。

ゲームをやるように勉強できるとやる気や集中力もアップするので、学習した部分も定着しやすくなりますよね。

さや
コアトレは家庭学習の好循環をつくるはじめの一歩としても最適だと感じました。

 

スマイルゼミのコアトレについて

スマイルゼミのコアトレはいつからできる?

2022年3月22日、4月号の配信から小1から中3までの無学年学習ができる「コアトレ」がスタートしました。

ココがポイント

コアトレの特徴は学年を超えた無学年学習ができるようになったこと。

これまでの教科書に沿った学年式の学習とは違い、お子さんの学力やニーズに応じて「先取り学習」や「さかのぼり学習」に取り組めます。

タブレットの向きもメイン教材では横型ですが、コアトレの時は縦型に使います。

さや
同じスマイルゼミでも向きが変われば、使い方や学習スタイルも変わるところが面白いですよね。

スマイルゼミのコアトレは追加料金なしで使える新機能

コアトレはオプションとして明らかにスゴイのですが、追加料金なしで利用できます。

先取りで学べたり、さかのぼりで学び直せる新機能が追加されても、従来通りの料金って確かにおかしいですよね。

さや
コアトレはいつでもどこでもできるだけではなく、追加料金なしでできるデジタル教材の恩恵をたくさん感じられるコンテンツです。

スマイルゼミのコアトレは幼児・小学生コースが対象

スマイルゼミのコアトレが使えるのは、幼児コースと小学生コース。中学生コースにはコアトレが追加されません。

これまで幼児コースの学習内容が簡単すぎると感じていたご家庭でも、コアトレでひらがなの練習や数の概念なども学べるようになりました。

今までの幼児コースの学習内容に不満だった親御さんも、スマイルゼミへの評価を見直せそうですね。

さや
ちなみに幼児コースで先取り学習をを始める場合は、必ずステージ1からのスタートになります。

 

スマイルゼミ・コアトレのメリット

スマイルゼミ・コアトレのメリット

スマイルゼミのコアトレは無学年学習ができる

スマイルゼミではこれまで通り行なわれるメインの学年式学習に加えて、コアトレでは無学年学習がおこなえるようになりました。

無学年学習というのは、学年を超えて先取り学習やさかのぼり学習で、お子さんにとって必要なことを学ぶ学習スタイル。

学習範囲も学習スピードもお子さんのペースで決められるのが無学年学習のメリット。

コアトレでできる無学年学習は小1から中3まで、国語と算数の2科目でおこなえます。

教科書に準拠したメイン教材とは違い、コアトレでは教科書や学年に関係なく、目的に応じて自由度の高い家庭学習がおこなえます。

スマイルゼミのコアトレはユーザー同士で競い合って学べる

通信教育では塾のように、ほかのお子さんからの刺激を受けられないのが当たり前。

スマイルゼミにはほかのお子さんからの刺激に代わるものとして、ゲーミフィケーションによる刺激があります。

ゲーミフィケーションとは、ゲームの要素を取り入れてつまらないことを面白くするための仕組み。

「報酬」「常習」「承認」の3つの要素が濃いほど、ゲーミフィケーション効果は高まります。

これまでのスマイルゼミは「報酬」と「常習」の要素が濃い教材でしたが、他者からの承認は得られない弱点がありました。

しかし、コアトレの中にある「みんトレ」はユーザー同士で競い合って学べるため、報酬と常習だけではなく承認も求められるようになりました。

ゲーミフィケーション要素の3拍子がそろったことで、ますますパワーアップしたスマイルゼミ。

さや
孤独になりがちな通信教育ですが、承認を求めてほかのユーザーさんと競い合って学べるので、勉強するするモチベーションが自然と湧いてくる仕組みになってますよ♪

>>みんトレの詳細はこちら

スマイルゼミのコアトレは公文並みの学習量をこなせる

公文並みに学習量をこなせるのもコアトレのメリット。

ちなみに公文1科目の月謝だと、東京・神奈川が7,700円、ほかの地域でも7,150円。国語と算数の2科目では、東京・神奈川が15,400円、ほかの地域で14,300円の月謝がかかります。

公文でかかる15,000円相当の学習が、コアトレだとスマイルゼミの学年別の月謝だけでおこなえます。

スマイルゼミの学年別標準クラスの月謝

学年/支払い方法12ヶ月一括払い6ヶ月一括払い毎月払い
1年生3,278円3,718円4,268円
2年生3,520円3,960円4,510円
3年生4,180円4,620円5,170円
4年生4,840円5,280円5,830円
5年生5,720円6,160円6,710円
6年生6,270円6,710円7,260円

最も月謝が高くなる6年生の毎月払いの月謝と比較しても、公文だと倍の料金がかかることがわかりますよね。

コアトレは国語と算数で追加料金なしで無学年学習をおこなえますが、クリアした単元でも理解の定着を図るために、公文のように何度も繰り返し取り組めます。

同じ単元を繰り返し取り組むときには、同じ問題が出てきて答えを覚えてしまわないかも心配ですよね。

ココがおすすめ

コアトレはAIが問題を作成しているので、同一単元を違う問題で繰り返し演習することが可能です。

さや
公文以上の学習量をこなしても、プリントがいっさい残らないのも親としては助かりますね。

 

スマイルゼミ・コアトレのデメリット

スマイルゼミ・コアトレのデメリット

スマイルゼミ・コアトレの文字判定が厳しすぎる

コアトレのデメリットとして、SNSでよく見かけるようになったのが文字判定に対する厳しさ。

学習意欲を削ぎかねない厳しい判定に対する反応も多く見受けられました。

スマイルゼミはコアトレ以前から美文字判定の機能が高いと評判でした。

厳しい文字判定のおかげで、速くきれいに書けるようになるお子さんもたくさんいらっしゃいます。

とはいえ、コアトレになって判定基準が厳しくなったことも考えられます。

雑に書いたわけじゃないのに間違いだと言われると、さすがに心が折れちゃうお子さんがいるのも理解できます。

さや
今後アップデートするときに文字判定機能のオンとオフを選べるようにしていただけると、お子さんの属性に応じたコアトレができそうだと感じました。

スマイルゼミのコアトレまですると学習量が増えすぎる

スマイルゼミには学年式で取り組めるメインの教材もあります。

お子さんがほかの習い事などで忙しいと、学習量が増えすぎてコアトレのすべてをこなせないことも十分に考えられます。

ココがポイント

コアトレはコスパの良い便利な学習機能ですが、すべてをやらないといけないわけではありません。

例えば、国語の先取り学習はやめて、算数だけをさかのぼり学習するなど、的を絞って使うこともできます。

さや
学年式の勉強とコアトレが併用できそうにない場合、何をやらないかを決めていくことも、お子さんへの有益なサポートになりますね。

スマイルゼミのコアトレは簡単なステージでもスキップできない

コアトレは1つの単元を1ステージとして、1ステージがいくつかの小単元に分かれて構成されています。

小単元のすべてを突破して確認テストをクリアすると、次のステージに進むスモールステップがコアトレの特徴。

もちろんスモールステップで無理なく進めるのは、理解の定着に時間のかかる単元の学習では助かります。

ただ、簡単に解けるステージでも同じようにスモールステップでしか進めないのはデメリットだと感じました。

さや
わかっていることを繰り返しやるのが苦手なお子さんにとっては、スキップできないコアトレのシステムを苦痛に感じるかもしれません。

スマイルゼミのコアトレで先取りするとわからないところを質問攻めされる

コアトレは幼児コースのお子さんでも小学校の先取り学習に取り組めます。

幼児のお子さんが先取り学習をおこなう場合、問題文の漢字が読めなくて「何て書いてあるのか」とよく聞かれます。。。

また問題文の意味が理解できずに、「これどういうこと?」って聞かれることもあります。

子どもに教えるときに最も難しいのが、足し引きなどの基礎概念をわかってもらうこと。

さや
幼児のお子さんが先取り学習をおこなうときは、親御さんのサポートが必要なるケースも増えるので、少しばかりの覚悟は必要だと感じました。

 

スマイルゼミのコアトレ/無学年学習の内容

スマイルゼミのコアトレ/無学年学習の内容

スマイルゼミ・コアトレの学習内容ややり方について

さや
この章ではスマイルゼミの無学年学習「コアトレ」でできる学習内容をお伝えします。

コアトレのポイント

  • 先取り学習する場合でも1学年下から始まる
  • ステージを1つずつクリアしないと先に進めない
  • 1つのステージをクリアすまでの問題数が豊富

コアトレでは学習したことが確実に定着するように設計されています!

そのため先取り学習する場合でも1学年下からスタートします。3年生なら2年生から、2年生なら1年生からといった感じです。もちろん1年生は1年生から先取り学習をおこなえる仕組みです。

学習したことが定着するように、確実性を高めることを大切にしていると感じました。演習量が多いと感じたのも、確実な定着を目指してのものだと感じました。

コアトレで学年を超えて学べる教科や単元は以下の通り。

【算数・数学】計算、数量、図形

【国語】文字、漢字、言葉、文章の仕組み

算数と国語のほとんどの単元で無学年学習ができるのがコアトレのすごいところ!

先取り学習をする場合、初めての単元を理解できるのか心配な親御さんもいると思います。

しかし、コアトレは単元ごとの説明や考え方など、「まなぶ」動画で丁寧な解説を見たあとに練習問題に取り組めるので安心。お子さんの得意を着実に伸ばしていけます。

さや
スマイルゼミのコアトレは算数と国語の幅広い領域が体系的にカバーされているので、単元ごとの理解を深める学習がおこなえます。

スマイルゼミ・コアトレの先取り学習について

先取り学習って「漢字だけ」「計算だけ」みたいに、部分的な勉強になりそうなイメージをもたれている親御さんもいるかもしれません。

しかし、コアトレでできる国語と算数の学習はほぼすべてを網羅しているので、単元ごとの抜け漏れを心配する必要もありません。

コアトレで学習できる国語と算数の単元のおさらいしておきましょう。

国語では「文字」「漢字」「言葉」「文章の仕組み」に単元分けされて、語彙を増やし読解力を鍛えられます。

算数では「計算」「数量」「図形」と、小学生のほぼすべての単元を学習できます。

コアトレでは国語と算数の各単元が体系的に関連付けられているため、勉強したことが先々につながる先取り学習がおこなえますよ。

その一例を紹介します。

例えば、かけ算のコアトレでは、1つの単元をクリアすると「かけ算の難易度」がどんどんが上がるシステムになっています。

小学校で行う学年式学習とは違い、学年に関係なくひとつの単元をまとめて学習できる設計です。

単元ごとにスモールステップで進むので、先取り学習で理解できてないと判断された場合は、次のステージの鍵が開きません。

無闇に先取り学習ができない仕組みになっているので安心感がありますよね。

逆にうっかりミスであっても、1つ間違えると先には進めません。

さや
一気に進めないもどかしさを感じるケースがあるのもコアトレの先取り学習の特徴です。

スマイルゼミ・コアトレのさかのぼり学習について

コアトレの通常設定は今より1つ下の学年からのスタートになりますが、「さかのぼり学習」をする場合は基本的にどこからでも始められます。

どこから始めたらいいか迷う場合は、まず通常設定通り1つ下の学年から始めてみてはいかがでしょうか。

さや
もちろんもっと下の学年から始めるのもアリ!

公文式の学習ではお子さんに合うレベルよりも少し下から始まるので、さかのぼり学習する基準の参考になるのではないでしょうか。

もちろんコンプリートしたいお子さんなら、4年生であっても1年生の学習からおさらいしていくのもありだと思います。

コアトレは演習量も多いので、苦手な単元までさかのぼって学び直す使い方が、最もニーズの高いものになると感じました。

スマイルゼミのコアトレは体系的なカリキュラムで単元学習ができる

先取り学習、さかのぼり学習のいずれでも、コアトレは単元ごとの学習を体系的におこなえます。

これまでのスマイルゼミは教科書に沿った学習が中心で、単元ごとに学ぶことができませんでした。

教科書に沿った学年式の学習では、学年ごとにすべての単元を広く学べるメリットがあります。

逆にすべての単元を広く学べるぶん、次の学年に進んだときには忘れてることも多いのが学年式学習のデメリット。

例えば、小学校3年の1学期で分数の計算を学んだとしましょう。3年生の2学期には比例などの数量を学び、3学期で図形に取り組むのが学年式の学習スタイル。

学年式の学習スタイルだと、3年の1学期でできていた分数の計算も、4年の1学期には分数のルールを忘れていて、学習の難易度だけが高まった状態で授業を迎えることになります。

この状態でメインのスマイルゼミをやっても学習効果はなかなか高まりません。

しかし、コアトレなら単元ごとに学習ステージを進めていけるので、計算なら計算だけをまとめて学べます。

さや
1つの単元を体系的に学べるコアトレなら、先取り学習・さかのぼり学習のいずれでも、理解の定着を深めることができますね。

 

スマイルゼミのコアトレ/みんトレの使い方

スマイルゼミのコアトレ/みんトレの使い方

スマイルゼミ・コアトレのみんトレでは対戦型学習が可能に!

話題のコアトレでタブレット学習をはじめても、すぐに飽きてしまうんじゃないと心配される親御さんもいると思います。

しかし、スマイルゼミのコアトレは、お子さんの学習に対するモチベーションが継続するようにも配慮されているので安心です。

というのも、コアトレにはゲーム感覚で勉強できる機能「みんトレ」が備わっているからです。

みんトレでは経験値を積んでレベルを上げられたり、ユーザー同士が問題を解くスピードや得点を競う機能が実装されています。

自分のアバターで参加して、リアルに優劣がつけられるので、自然とモチベーションアップにもつながりますよね。

孤独に感じるタブレット学習も「みんトレ」にジョインすれば、同じ時間帯に参加するユーザー同士で前向きに取り組めます。

さや
家庭学習の一歩目は習慣づけから!というご家庭には、みんトレはピッタリだと感じました。

スマイルゼミ・コアトレは決まった時間だけ対戦できる設定

コアトレの中にある「みんトレ」には、お子さんのモチベーションアップにつながる機能があることがわかりました。

とはいえ、みんトレにも心配な点が2つあります。

1つ目は、みんトレの対戦形式の学習スタイルが、夜更かしの要因を作るのではないかという点。

2つ目が、早朝や深夜の時間帯だと対戦相手がいないのではないかという点です。

心配な点をジャストシステムさんに聞いたところ

深夜や早朝の時間帯だと、「みんトレ」の対戦が行われない設定になっていることがわかりました!

さすが!小学生が使うタブレットだけあって配慮済みでした^^

親御さんのほうが時間設定するような手間もかかりません。

ただ決まった時間だけしか対戦できない弊害もあります。

みんトレができる時間帯

小学生:16時~18時

幼児:14時~16時

幼児の14時~16時の時間帯だと、保育園児がやるには厳しそう...(^^;)

とはいえ、モチベーションアップに効果的なゲーム要素を取り入れながら、大切な反復学習を何度もできるコアトレ。

AIが常に違う問題を出題するので、答えを覚えてしまう心配ももちろんありません。

さや
スマイルゼミのコアトレがお子さんのモチベーションアップにつながることがわかれば、あとは資料を請求してお得な特典をゲットしてから始めましょう!

 

スマイルゼミのコアトレは兄弟で併用できる?

スマイルゼミのコアトレは兄弟で併用できる?

兄弟2人分だと出費が大変なことになるので、コアトレだけでも兄弟で併用できないか、ハックする術はないかと考えてしまいますよね。

ただコアトレもスマイルゼミのメインコンテンツ同様、兄弟受講ができないようになっています。

もちろん、コアトレの兄弟受講をやろうと思えばできないこともありません。

ただスマイルゼミのシステム上、コアトレも1人の学習履歴しか残らないたので、併用した場合にお子さんのデータが正しく蓄積されません。

スマホに届くお子さんの学習履歴から苦手を分析して、必要な単元にさかのぼることができるコアトレを効果的に活用するには、正しいデータを残しておくことが欠かせません。

またスマイルゼミにはメール機能もあるので、兄弟それぞれとやりとりできる楽しみもあります。

さや
兄弟に1台ずつタブレットを与えるのは大変かもしれませんが、まずは資料請求や体験会などで、お子さんの反応を確かめてみてはいかがでしょうか。

 

スマイルゼミのコアトレをアップデートする方法

スマイルゼミのコアトレをアップデートする方法

スマイルゼミ・コアトレがアップデートできないときの基本は再起動

スマイルゼミの既存ユーザーがコアトレを使うには、タブレットをアップデートする必要があります。

ただタブレットの状態によっては、何度やってもアップデートが上手くいかない時があります。

そして出てくるエラーコード。エラーコードの豊富さから見て、アップデートのエラーにもさまざまな要因があることがわかります。

エラーコードが出てきても、そのコードが何を意味しているのかもわかりませんよね。

公式サイトやスマイルゼミを運営するジャストシステムのサイトを調べても、それぞれのエラーコードが何を意味しているのかのも記載も今のところありません。

そこでスマイルゼミを運営するジャストシステムに問い合わせた結果、アップデートが上手くいかない時の基本は「再起動」だということがわかりました。

どんな時にアップデートが上手くいかないのか、すべての原因を知ることはできませんでしたが、まずは「電源ボタン長押し」で電源を落としてから再起動を試してみましょう。

公式直伝!空き容量が少ないケースのスマイルゼミ・コアトレアップデート方法

アップデートが失敗する原因の1つが、タブレットの空き容量の少なさ。

我が家はタブレットの空き容量の少なさを解消したら、アップデートが上手くいったので、その手順をお伝えします。

この操作で学習内容や成績までなくなるのでは?と心配かもしれませんが、削除されることはなかったので安心してお試しください。

それでも心配な方はデータのバックアップを取ってから、空き容量をつくるようにすれば万全です。

バックアップの取り方はタブレット右上の「せってい」⇒「端末情報」⇒「データのバックアップ」でおこなえます。

前置きが長くなりましたが、タブレットの空き容量を作る手順を今度こそお伝えします。

step
1
タブレットの右上の「せってい」から

「端末情報」⇒「タブレットのメンテナンス」⇒「起動する(長押し)」をタップ。

step
1
タブレットのメンテナンスの画面で

「教材データ」をタップしチェックを入れる。

step
3
教材データの削除に関する確認の画面が表示されたら

「次へ」をタップ。

step
4
削除されるデータについての確認の画面が表示されたら

「次へ→」をタップ。

step
5
. 教材データの削除が実施される

タブレットが再起動したら完了です。

タブレットの空き容量が少なくてアップデートできないケースでは、この手順で上手くいったのでお試しあれ!

さや
そのほかの原因でアップデートできない場合は、調べるより公式に問い合せた方が早く解決できると思います。

 

スマイルゼミ・コアトレの口コミ/まとめ

スマイルゼミ・コアトレの口コミ/まとめ

最後にスマイルゼミ・コアトレの感想をまとめておきます。

コアトレの概要

配信開始日2022年3月22日~
料金無料(スマイルゼミ学年別月謝の範囲内)
対象コース幼児コース、小学生コース
学習範囲小1~中3
学習できる科目と単元算数:計算、数量、図形
国語:文字、漢字、言葉、文章の仕組み
特長先取り学習でも1学年下から始まる
はじめての単元でも自分で進められる
ユーザー同士で競い合って楽しく学べる
スモールステップで無理なく学べる

スマイルゼミのコアトレをやってみた印象は、やったことが身につく確実性の高い学習ができること。

先取り学習するのもいいけど、さかのぼり学習するにはさらに良いと感じました。

というのも、コアトレはこれまでの通信教育の課題だった演習量の少なさを覆し、たくさんの演習問題をこなせるようになったからです。

学年ごとの画一的な勉強ではなく、お子さんの学力に応じてスモールステップ&マイペースで無学年学習ができるのは、先取りよりもさかのぼり学習にこそピッタリ。

逆に先取り学習を急ぎたい場合、1学年下から始まることやスモールステップすぎてスキップできないなど、面倒くさいと感じることもあるとは思います。

ただ多くのお子さんにとって、たくさんの演習量をこなしてスモールステップで進められるコアトレは、着実に学力をつけていくのに最適な学習スタイルだと感じました。

さや
もちろんコアトレの内容や使い勝手が100%だというわけではありませんが、先取り学習とさかのぼり学習を追加料金なしでおこなえるなんてコスパ良すぎです。

 

 

 

-スマイルゼミ, 通信教育 小学生 口コミ