スマイルゼミ 通信教育

スマイルゼミタブレットの無料体験/最初の2週間とお試し体験会

スマイルゼミを2週間無料体験する方法とタブレットのお試し体験会について

たくさんある通信教育の中で、スマイルゼミへの入会を検討している親御さんもいると思います。

スマイルゼミはタブレット1台で家庭学習が完結することで人気ですが、料金が高いこともあって気軽に入会できませんよね。

スマイルゼミの料金が高いのは、専用タブレットのタッチペンや液晶パネルの精度が高いため。

料金的に気軽に入会しずらいスマイルゼミですが、入会から最初の2週間が「無料体験期間」になっていることをご存じでしょうか?

もしお子さんに合わなかったとしても、2週間以内に解約すれば実質無料でスマイルゼミのタブレット学習を試せることになります。

このページではスマイルゼミを無料体験する手順を3つのステップに分けてお伝えします。

 

スマイルゼミ2週間の無料体験は通常入会から

スマイルゼミの無料体験は通常入会から

スマイルゼミは通常入会から2週間無料体験できる

スマイルゼミの無料体験制度は、入会したすべての会員さんが利用できます。

スマイルゼミの無料体験期間は通常入会から2週間。2週間以内に解約手続きをする必要があるので注意してください。

スマイルゼミの無料体験制度として間違いやすいポイントは、はじめから無料会員として試せるわけではないこと。

あくまでも通常会員としてスマイルゼミに入会したのち、お子さんに合わなければ2週間以内に退会手続きをする仕組みになっています。

2週間だけ試すことが前提でも、その手続きの最初のステップは「通常入会」することがスタートとなります。

無料体験期間終了後の継続を検討されている方は、おすすめポイントや評判、タッチペンの精度などがわかるスマイルゼミ小学生コースのの口コミをご覧ください。

無料体験期間は全額返金保証期間

スマイルゼミは入会から2週間以内に解約すれば、入会時にかかった費用の全額が返金されます。

実際にスマイルゼミの講座を試してから継続するかどうかを判断できるので、入会をためらっている方にとってはありがたいシステムですよね。

ただし、お子さんに合わないと感じて解約するときに気をつけておきたいポイントがあります。

スマイルゼミを解約する際は電話連絡が必須だということです。電話以外の連絡手段がないことは頭に入れておきましょう。

というのも、スマイルゼミ解約の電話連絡は繁忙期だとつながりにくいからです。

スマイルゼミにおける入会から最初の2週間は、無料体験期間なのは間違いありません。

しかし、電話がつながらず2週間以内に解約の意志が伝わらないと、意に反してスマイルゼミを継続する羽目になってしまいます。

ココに注意

入会から2週間以上たてば、全額返金保証される権利も失われます。

逆に2週間以上たって解約した場合は、タブレット代の購入費など違約金がかかります。

スマイルゼミの全額返金保証が前提で入会するなら、電話のつながらない繁忙期よりも10月~12月の閑散期にトライしてみてはいかがでしょうか。

さや
たくさんある通信教育の中で、スマイルゼミが選択肢の1つの場合は、とりあえず資料請求しておくのがおすすめです。

 

スマイルゼミの無料体験期間で試せること

スマイルゼミの無料体験期間で試せること

無料体験期間は全ての講座を試せる

スマイルゼミの無料体験期間では、5教科とそれらに付随する全ての講座を試せます。

スマイルゼミで無料体験できる講座

  • 国語、算数、英語、理科、社会
  • プログラミング
  • 学力診断テスト
  • 発展クラス
  • 無学年学習

国語では漢検対策ができる「漢検ドリル」、無学年学習では先取りやさかのぼりができる「コアトレ」も無料で試せます。

さや
コアトレは追加料金なしでできる有料級のコンテンツ。スマイルゼミのユーザー同士で対戦型学習もおこなえるので、無料体験期間中にぜひ参加してみてください。

英語プレミアムを試すなら月またぎで!

スマイルゼミで唯一のオプション講座である英語プレミアム。

2週間の全額返金保証期間中に英語プレミアムを試してみたい方もいるのではないでしょうか。

ただ英語プレミアムを2週間の全額返金保証期間中に試すには、ちょっとしたコツが必要です。

そのコツが2週間の全額返金保証期間を「月またぎ」でおこなうこと。

というのも、英語プレミアムをはじめとしたスマイルゼミのコンテンツは毎月1日に配信されるからです。

2週間の全額返金保証期間が「ついたち」にくるようにしておけば、英語プレミアムも無料で試すことができますよ♪

スマイルゼミのタブレット発送日は、入会手続きが完了した日の翌日が基本。早ければ2~3日で届きます。

土日や連休を挟むケース、銀行振込で入金確認が必要な場合などは発送が遅れる要因となりますが、それでも1週間もあればタブレットが届きます。

さや
英語プレミアムを無料体験期間中に試したい方は、入会するタイミングも考慮して申し込みましょう。

 

スマイルゼミのタブレット体験会について

スマイルゼミのタブレット体験会について

スマイルゼミの体験会に参加するには?

スマイルゼミを無料体験するには、全国各地のショッピングモールなどでおこなわれる「体験会」に参加する方法もあります。

体験会への参加方法は手ぶらで会場に出向くだけ。

ココがポイント

事前に参加を申し込む必要がないので、誰でも気軽にスマイルゼミを無料体験できます。

体験会に参加した方の投稿を見ても、スマイルゼミの人気の高さがわかります。

コロナ渦ということもあり、全国的には体験会の開催が少なめですが、関東圏では頻繁に開催されています。タイミングがあえば、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

最新情報を確認⇒スマイルゼミ体験会

スマイルゼミの体験会で勧誘されない?

スマイルゼミの体験会へ参加したくても、勧誘されるかもしれないと思うと参加できませんよね。

自宅にスマイルゼミからのDMがよく届くと感じている親御さんなら、現地で勧誘されるかもしれない不安を感じると思います。

しかし、スマイルゼミの体験会で入会への勧誘をされることは一切ありません。

タッチペンの持ち方やタブレットの操作方法などについては係の人がちゃんと教えてくれますし、こちらかの質問についても丁寧に答えてくれます。

体験会での勧誘に関しては個人の体験だけではなく、ネット上にもないかツイッターで調べてみましたが、そういった投稿は見当たりませんでした。

勧誘も何もなくて逆に心配される投稿があるくらいです。

客観的にも勧誘される心配がないことがわかったので、近くでスマイルゼミの体験があった際はぜひ立ち寄ってみてください。

スマイルゼミのタブレット体験会の詳細

スマイルゼミの無料体験会には「スタッフあり」と「スタッフなし」の2パターンがあります。

スタッフありとスタッフなしの体験会にはどんな違いがあるのでしょうか。

スマイルゼミの2つの体験会の違い

スタッフありスタッフなし
開催日土日祝日平日
会場での開催時間短い(6時間程度)長い(9時間程度)
体験できる時間約30分約30分
オリジナルステッカー特典あるない
中学生コースのタブレット体験あるない

スマイルゼミの体験会でスタッフありとスタッフなしの違いをザックリ分けるとこのようになります。

ココに注意

平日でも会場によっては「スタッフあり」のタブレット体験会が実施されるケースもあります。

スタッフありの体験会では、タブレットの操作をサポートしてもらえたり、いつでも質問できる点が心強いですね。

また現地で入会した場合、「あんしんサポート(年額3,960円)が1年間無料」か「スマイルゼミオリジナルのポケモンステッカー」のどちらかをプレゼントしてもらえます。

ただ「ポケモンのオリジナルステッカー」がもらえるのは、スタッフありの体験会に参加したお子さんにしかないメリット。

タブレットを体験できる制限時間は、スタッフのありなしにかかわらず約30分しかありません。

しかし、タブレットの操作感やタッチペンの書き心地を確かめるには十分な時間だと感じました。

スマイルゼミの体験会への参加は誰でもできますが、資料請求をしておくとさらにキャンペーンが適用されるメリットも加わります。

ただ体験会に参加するよりも、資料請求後に体験会に参加したほうがゲットできる特典多くなるので、取り寄せておいて損はないと思います。

 

スマイルゼミの無料体験まとめ

最後にスマイルゼミの無料体験についてまとめておきます。

スマイルゼミの無料体験まとめ

  • 無料体験期間は2週間
  • 無料体験するのが前提でも通常入会する必要あり
  • 期間中は全ての講座を受講できる
  • 体験会に参加して無料体験する方法もある
  • 体験会へは無料で気軽に参加できる
  • 体験会に参加しても勧誘されることはない

以上、スマイルゼミの無料体験についてお伝えしました。

専用タブレット学習で2週間の無料体験があるのはスマイルゼミだけ。

2週間で解約して送料負担でタブレットを返却するのはデメリットだと感じる方もいるかもしれません。

でも返却送料だけでスマイルゼミのタブレット学習を無料体験できるなら、むしろ安いくらいではないでしょうか。

無料体験が前提でスマイルゼミを使うこと自体も悪いことではありません。むしろ賢く使って、お子さんの学力向上や学習習慣の定着に役立てたいですね。

2週間の無料体験は荷が重いと感じる場合は、体験会への参加がおすすめです。

無理に勧誘されることもなく、タブレットの操作やタッチペンの書き心地をしっかり確かめられます。

さや
やるやらないは別にして、資料請求を済ませて体験会に参加すると、さらなる特典もつくので損はないと思います。

 

-スマイルゼミ, 通信教育