運営者情報

このページでは、当サイトの運営者情報について詳しくお伝えします。

通信教育で小学生におすすめの8社/運営者プロフィール

通信教育で小学生におすすめの8社を比較/教科別・目的別ランキングの運営者情報

自己紹介

さや
初めまして。通信教育で小学生におすすめの8社を運営しているさやと申します。普段は地方都市で塾講師をしています。

最初にこうした仕事をやったのは高校生の時のこと。知り合いに頼まれ夏休みの間、中学生の勉強をみたのがきっかっけ。

今思い出してみるととても「先生」などと呼べるような代物ではなく、「よくあんなのでアルバイト代をいけだけた」と恥ずかしくなってしまいます。

以来、アルバイトとして、あるいは職業として家庭教師や塾講師をやってきました。気付くと年数だけは経ったものの、「馬齢を重ねる」という言葉にそのまま当てはまるような年月であったような気もします。

人に勉強を教えたときの忘れられない思い出

先ほど初めて家庭教師をしたのは高校生の時だったと書きましたが、仕事ではなく単に「人に勉強を教える」ということで言えば、頭にある一番古い記憶は小学校の5年生の頃の話です。

ある日の算数の時間のこと、教科書の問題をやり終え手持ち無沙汰にしている私に、先生が「○○君に教えてあげて」とおっしゃったのです。

私の隣の席の○○君は算数があまり得意ではなく、その日も問題を解くのに手こずっている様子でした。

私は先生の言葉に従ってやり方を教え始めたのですが、何度説明しても一向にできるようにならない。1つの問題がようやく解けたと思ったら次の同じような問いでまた間違える。

そんなことが繰り返され、どうして良いのか分からなくなった私はついに泣き出してしまいました。

その後のことはよく覚えていませんが、どういうわけか、だんだん必死になって最後には涙を流す自分の姿は、まるで幽体離脱して天井から眺めていたかのように生々しく記憶に刻み込まれ、今でも時折思い出すことがあります。

教える時にいつも意識していること

なぜ上手くいかなかったのか?――今ならその問いに答えることができます。

その時の私は彼が分かったのか、まだ分かっていないのかなど一切構わずひたすら自分のやり方を伝えているだけでした。

その後家庭教師や塾講師の仕事をしていく中で、「教える」ということは対話であると私は気付きました。

一方的に「正しいやり方」を教えても相手ができるようにならなければ意味が無い、それはただの自己満足に過ぎません。

どこまで理解できていてどこで分からなくなっているのか、それを常に確認しながら進めていくことが必要で、それには教える側と教わる側の間に対話が成り立っていなければなりません。

相手が1人であろうと数十人のクラスであろうと、一方通行に陥らずに常に対話を意識する――人を教える上で私が最も大切にしている基本はここにあります。