スマイルゼミ 通信教育

スマイルゼミのタブレットをAndroid化する方法を解説

スマイルゼミのタブレットをAndroid化する方法を解説

スマイルゼミ小学生コースの解約後は、タブレットをAndroid化して使えますよね。

タブレットのAndroid化と聞くと、なんだか「難しそう」「面倒くさそう」ってイメージする方もいると思います。

たしかに中学生コースのタブレットのAndroid化はボタン一つでできるのに、小学生コースのタブレットはAndroid化するまでの工数が多いです。

試行錯誤しながらAndroid化を進めても、途中で間違ったボタンを押したら「ジ・エンド」ってことにもなりかねませんよね。

そのためスマイルゼミのタブレットをAndroid化したいけど、トラブルが心配で踏み切れない方もいると思います。

このページではスマイルゼミのタブレットをAndroid化させる方法を詳しくお伝えします。

 

スマイルゼミのタブレットをAndroid化するための前提条件

タブレットAndroid化するには、「スマイルゼミを退会していること」「タブレットが最新バージョンであること」が条件となります。

スマイルゼミが退会できているかは契約状態から確認できます。退会が完了している場合は「未契約」と表示されています。

契約状態が「契約中」の場合はAndroid化できないので、まずは解約手続きをおこないましょう。

タブレットが最新バージョンかどうかは、画面右上の「せってい」⇒「アップデート」で確認できます。

「アップデートがあります」と表示されたら、まずアップデートを実行しましょう。

すでに最新バージョンの場合は、画面下部に「スマイルゼミは最新です」と短時間表示されます。

 

スマイルゼミタブレットのAndroid化に失敗しない手順

さや
それではスマイルゼミ小学生コースのタブレットをAndroid化する手順をお伝えしていきます。

step
1
メンテナンスモードを起動

「せってい」→「端末情報」→「タブレットのメンテナンス」→「起動する(長押し)」

step
2
スマイルゼミの消去

スマイルゼミの消去

「工場出荷状態へリセット」ボタンは中学生コースへの移行ボタンなので、押し間違いのないようにお気をつけ下さい。

step
2
確認した実行でスマイルゼミは削除され、Androidタブレットとして利用できます

スマイルゼミタブレットのAndroid化

さや
この画面になったらタブレットのAndroid化は成功です。

 

スマイルゼミのタブレットをAndroid化できないのは手順の問題

スマイルゼミのタブレットをAndroid化する際に気をつけたいポイントが「正しい手順」です。

ボタン一つでAndroid化できる中学生コースのタブレットとは違い、小学生コースのタブレットはAndroid化するまでの工数が多いため、正しい手順を踏んでいくことが大切になります。

実際にSNSの投稿を見ても、タブレットのAndroid化ができた人とできない人がいることがわかります。

【タブレットのAndroid化うまくいった人の投稿】

【タブレットのAndroid化うまくいかなかった人の投稿】

スマイルゼミのタブレットをAndroid化させるコツは、正しい手順を踏めるかどうか。

能力とか頭の善し悪しとかではなく手順です。

常日ごろから「なんとなく進めてみる」「試行錯誤」「トライ&エラー」の精神は大切です。

しかし、スマイルゼミ小学生コースのAndroid化に関しては正しい手順で進めていきましょう。

正しい手順さえ踏んで進めていけば、意外とかんたんにAndroidタブレットとして使えるようになります。

 

スマイルゼミのタブレットをAndroid化するときの注意点

スマイルゼミの全データが消去される

タブレットをAndroid化すると、スマイルゼミにあるすべてのデータが消去されます。

アカウント、成績データ、スケジュール帳のメモ、かべがみ、コレクションカード、スター、スターアプリ、セーブデータ、アルバムの写真、音読の録音データ

など、これまで蓄積したすべてがなくなります。

ジャズとシステムのサポート対象外になる

スマイルゼミ契約中は修理や交換に応じてもらえるスマイルゼミのタブレット。

しかし、解約後にAndroid化したタブレットはジャストシステムサポートの対象外となります。タブレットの修理や交換にも対応してもらえません。

スマイルゼミのタブレットをAndroid化する際には、以上のことも踏まえてからおこないましょう。

 

スマイルゼミタブレットのAndroid化まとめ

以上、スマイルゼミのタブレットのAndroid化についてお伝えしました。

Android化するのが面倒くさそうに感じていた方も、確認するポイントや手順さえわかれば、意外とかんたんにできることがわかったと思います。

またAndroid化したあとのタブレットの使い方に制限はありません。

タッチペンはもともと高性能ですし、タブレット自体も安い外国産ではなく国産メーカーのもの。

さや
タッチペンの性能の高さを活かしてイラストを描いたり、動画視聴端末にするなど、自由にタブレットを利用することができます。

 

 

-スマイルゼミ, 通信教育