小学生の通信教育

すららを活用して不登校児が自宅で学ぶ!効果を最大化するコツ

すららを活用して不登校児が自宅で学ぶ!効果を最大化するコツ

不登校のお子さんを持つ親御さんは、教育の悩みに日々向き合っていらっしゃることと思います。

「学習の遅れが心配」「このまま将来は大丈夫だろうか」そんな不安が尽きないのではないでしょうか。

そんな中で、オンライン学習教材「すらら」が不登校児とその家族に希望の光を灯しています。

自分のペースで学べ、個別指導にも対応したすららは、従来の学校教育にはない柔軟性を持っています。

この記事では、すららを活用して不登校児の学習効果を最大化するコツをご紹介します。

これらのポイントを押さえることで、お子さんの学びをより効果的にサポートし、着実な成長へとつなげていくことができるでしょう。

すららが不登校児に適している理由

理由1:好きな時間に学べる

すららが不登校児に適している理由の1つ目が、好きな時間に学べるから。

学校に行けない理由は人それぞれ。でも、多くの不登校のお子さんが感じているのは、決まりきった学校のリズムについていけない辛さかもしれません。

朝起きて、決まった時間に教室に座り、みんなと同じペースで授業を受ける。これって結構ハードルが高くないですか!?

大人でさえ、毎日同じリズムを保つのは大変ですよね。デリケートな時期の子どもたちにとってはなおさらです。

しかし、すららなら、夜型の子なら夜に、朝型の子なら朝に、その日の気分や体調に合わせて学習時間を選べます。

無理に勉強するのではなく、「今なら勉強できそう」というタイミングを自分で見つけられるのです。

自分のペースで学べれば、勉強への抵抗感をなくすことにもつながりますよね。

すららはお子さんの好きな時間に学べるので、従来の学習リズムに適応できないストレスもなくなります。

理由2:個別学習に対応している

すららが不登校児に適している理由の2つ目が、個別学習に対応しているから。

教室での一斉授業だと、先生の説明についていけないこともありますよね。

「もう少しゆっくり説明してほしい」

「ここがわからないけど、質問するのが怖い」

「周りに遅れを取っているんじゃないか」

こんな気持ち、誰もが一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

「みんなと同じペース」で学ぶのって意外と難しいですよね。

子どもにもそれぞれ得意不得意がありますし、理解のスピードも違います。でも、一斉授業ではそれをスルーせざるを得ない。

この「みんなと同じでなければ」というプレッシャーは、お子さんの心に大きな負担をかけています。

特に繊細で自分のペースを大切にしたい子だと、毎日がストレスフルな体験になってしまうかもしれません。

個別学習に対応しているすららは、みんなと同じである必要がないので、のびのびと楽しく学んでいけますよ。

理由3:苦手な単元を重点的に学べる

すららが不登校児に適している理由の3つ目が、苦手な単元を重点的に学べるから。

「もともと苦手だったのに、不登校でこれ以上遅れたら...」と考える親御さんもいると思います。

しかし、すららなら学校とは違い、苦手な単元を集中的に学べるため、効率よく弱点を克服できます。

というのも、すららのシステムは、お子さんの理解度を細かく分析し、つまずいているポイントを正確に把握しているからです。

あとは、つまずきの原因となっている部分から丁寧に学び直して、積み重ねるだけ。

苦手な単元を重点的に学べるすららなら、不登校期間を苦手克服の貴重な機会に変えられますよ。

理由4:学習状況を保護者が確認できる

すららが不登校児に適している理由の4つ目が、学習状況を保護者が確認できるから。

学校に行っていれば、宿題やテストの結果、先生からのフィードバックなどから、お子さんの学習状況を簡単に把握できます。

しかし、不登校になって、学習状況を把握する手がかりがなくなると、親のほうも対処の仕方がわからず不安になってしまいますよね。

すららでは保護者専用のページから、お子さんの学習状況を詳細に確認することが可能。

学習時間:毎日どのくらいの時間学習しているかがわかります。

進捗状況:どの単元まで進んでいるか、全体の何%まで完了したかなどが一目でわかります。

理解度:各単元ごとの理解度が可視化されるので、どの部分が得意で、どの部分が苦手かがわかります。

学習履歴:いつ、どの単元を学習したかの履歴が残るので、お子さんの学習パターンを把握できます。

学習状況を具体的に把握できると、褒め方や励まし方もわかるようになります。

的確に状況を把握できるすららなら、小さな変化も見逃さず、お子さんの家庭学習を適切にサポートできますよ。

理由5:出席扱い制度に対応している

すららが不登校児に適している理由の5つ目が、出席扱い制度に対応しているから。

不登校のお子さんが高校受験の際に最も不利を被るのが内申点。

文部科学省はICTなどを活用した学習活動で、不登校でも出席扱いする制度を設けています。

すららでは、出席扱い制度を利用して、100人以上のお子さんが不登校でも欠席がゼロになっています。「毎日すららで勉強に取り組む」などの条件がありますが、不登校でも欠席がゼロになるのは励みになりますよね。

また、「欠席がゼロ」になるということは、単に数字上の問題だけではありません。お子さんの自尊心や自己肯定感にも大きく影響します。

「学校に行けていないから」という後ろめたさや罪悪感から解放され、「自分なりに頑張っている」という自信につながるのです。

さらに、この制度を利用することで、規則正しい生活リズムを維持しやすくなります。

「毎日すららで勉強に取り組む」という条件は、生活の中に学習の時間を確保することにつながります。これは、将来的に学校復帰を考える際にも大きな助けとなるでしょう。

すららで不登校児が学習効果を最大化させる方法

1.定期的に学習する

すららで不登校児が学習効果を最大化させる方法の1つ目が、定期的に学習すること。

不規則になりがちな不登校期間に、定期的に学習するメリットも整理しておきましょう。

1.学習リズムの確立

毎日決まった時間に学習することで、生活リズムが整います。これは、不登校のお子さんにとって特に重要です。規則正しい生活は、心身の健康にも良い影響を与えます。

2.継続的な知識の蓄積

少しずつでも毎日学ぶことで、知識が積み重なっていきます。「継続は力なり」という言葉通り、日々の積み重ねが大きな成果につながります。

3.記憶の定着

定期的に学習することで、学んだ内容を忘れにくくなります。特に、前回の学習内容を振り返ってから新しい内容に進むことで、効果的に知識を定着させることができます。

4.モチベーションの維持

毎日少しずつでも進歩を感じることで、学習へのモチベーションが維持されやすくなります。小さな成功体験の積み重ねが、自信につながります。

5.学習習慣の形成

定期的な学習を続けることで、学ぶことが日常の一部になります。これは、将来的な学校復帰や進学、さらには社会人になってからも役立つ貴重な習慣です。

「定期的」というのは、必ずしも「毎日同じ時間に同じ量」を意味するわけではありません。お子さんの状況や気分に応じて、柔軟に対応することが大切です。

例えば:

  • 調子の良い日は少し多めに学習する
  • 気分が乗らない日は短時間でも良いので、とにかく学習する時間を設ける
  • 週末はゆっくり休むなど、めりはりをつける

このように、お子さんの状況に合わせて柔軟に対応しながら、できるだけ定期的に学習する習慣を築いていくことが重要です。

定期的な学習は、単に学力向上だけでなく、お子さんの自己管理能力や自信の醸成にもつながります。

すららを活用しながら、お子さんのペースに合った、無理のない定期的な学習習慣を築いていくことが、学習効果を最大化させる第一歩となるのです。

2.すららコーチを活用する

すららで不登校児が学習効果を最大化させる方法の2つ目が、すららコーチを活用すること。

すららコーチは、保護者のサポートする役割を担っています。すららコーチを活用するメリットは以下の通り。

1.学習計画のアドバイス

すららコーチはお子さんの学習状況や進捗を踏まえ、最適な学習計画の立て方をアドバイスします。

大まかな指針があるだけでも、保護者の方々が適切な学習環境を整えやすくなりますよね。

2.モチベーション維持の方法

すららコーチはお子さんの学習モチベーションを高く保つためのコツや、効果的な声かけの方法などもアドバイスします。

3.学習方法の指導

効果的な学習方法や時間管理のコツなど、保護者の方々がお子さんをサポートする際に役立つ情報を提供します。

4.質問・疑問の解決

すららの使い方や学習内容に関する保護者の方々の疑問に答え、より効果的な学習サポートができるようにします。

5.心理的サポート

不登校児を持つ保護者の方々の不安や悩みに寄り添い、精神的なサポートも行います。

6.進捗の確認と共有

お子さんの学習状況や課題について、定期的に保護者の方々と情報を共有し、今後の方針を一緒に考えます。

すららコーチの存在は、不登校児の保護者にとって心強い味方となります。

直接お子さんを指導するわけではありませんが、保護者の方々をサポートすることで、間接的にお子さんの学習効果を最大化することができます。

3.自分のペースで学ぶ

すららで不登校児が学習効果を最大化させる方法の3つ目が、自分のペースで学ぶこと。

不登校のお子さんにとって、自分のペースで学ぶことは、勉強に対する興味や意欲を再び取り戻すために重要です。

すららで自分のペースで学ぶメリットは以下の5つ。

1.心理的な安心感

「追いつかなければ」「遅れてはいけない」というプレッシャーから解放されることで、学習に対する不安や恐れが軽減されます。

2.理解度の向上

急ぐ必要がないため、じっくりと時間をかけて理解を深めることができます。わからないところは何度でも復習できるので、確実に知識を定着させられます。

3.自己肯定感の向上

自分で学習のペースをコントロールすることで、「自分はちゃんと学べている」という自信につながります。

4.学習意欲の維持

無理なく学べるため、学習に対する嫌悪感が生まれにくく、長期的に学習意欲を維持しやすくなります。

5.個性に合わせた学習

得意な科目はさっと進み、苦手な科目はゆっくり時間をかけるなど、自分の特性に合わせた学習が可能になります。

ただし、「自分のペース」で学ぶことは、「好きなときに好きなだけ」学ぶこととは異なります。ある程度の計画性と規則性は必要です。

計画性と規則性に関しては、すららコーチと相談しながら、その時の最適を求めていけばいいでしょう。

結局のところ、「自分のペースで学ぶ」という方法は、不登校児が自信を持って学習に取り組み、着実に成長していくための重要な要素となります。

すららのシステムを活用しながら、お子さん一人ひとりに合った最適なペースを見つけ、継続的な学びを支援していくことが、学習効果を最大化させる鍵となるのです。

 

 

すららを使った不登校児の成功事例

勉強に前向きになった事例

不登校気味の中学1年生の息子が、オンライン学習システム「すらら」を活用して学習を続けています。半年前は小学4年生の算数からスタートしましたが、現在は小学6年生レベルの算数と英語まで進歩しました。

すららの専属コーチから「定期テストにチャレンジしてみては?」という提案を受け、息子に意向を尋ねたところ、前向きな返事が返ってきました。

さらに、「テスト2週間前からは特別な勉強時間を設けてみようか」と提案すると、息子は「普通の中学生みたいだ!」と目を輝かせて賛同しました。

この反応から、息子が通常の学校生活に近づく機会を喜んでいることがうかがえます。

オンライン学習を通じて、着実に学力を伸ばしながら、同時に「普通の中学生」としての自覚も芽生えつつあるようです。

出席認定になった事例

息子は中学3年生で「すらら」というオンライン学習システムを利用しています。

中学2年生の5月から、1日3ユニット以上の学習を条件に出席認定を受けています。

我が校では前例がなかったため、申請から認定まで4ヶ月もの時間を要しました。公立学校の場合、このような判断は市町村の教育委員会に委ねられます。

認定条件として月に一度の対面が必要だったのは、正直大変でした。

しかし、この取り組みには大きなメリットがありました。まず、勉強が日課として定着しました。さらに、日々のノルマを達成することで、学校に行けていないことへの罪悪感が軽減されました。

このシステムを通じて、私は自分のペースで学習を進めながら、同時に「学校とのつながり」も維持できています。困難はありましたが、結果的にはポジティブな経験となっています。

学習習慣がついた事例

オンライン学習教材を色々試してきましたが、チャレンジタッチやスマイルゼミでは長続きしませんでした。

しかし、すららは違いました。すららを使い始めてから、ようやく継続的な学習習慣を築くことができました。

すららが続いた理由として考えられるのが、まず、レクチャーの内容が非常に丁寧で理解しやすかったことが挙げられます。

また、問題文を音声で読み上げてくれる機能など、学習を始める際の敷居を低くする工夫がなされていたのも良かったです。

こういったすららの特徴により、学習を始めるハードルが低く感じられ、日々の学習に取り組みやすくなりました。結果として、持続的な学習習慣を形成することができたんだと思います。

すららの使いやすさと分かりやすさが、子どもの学習継続を支え、最終的に確固たる学習習慣の確立につながったと考えています。

 

 

すららで不登校児が学ぶ際の注意点

注意点1:計画的に進める

すららで不登校児が学ぶ際の注意点1つ目が、計画的に進めること。

計画的に学習を進めるメリットをまとめておきましょう。

1.学習の継続性確保

定期的な学習計画を立てることで、毎日の学習習慣が身につきやすくなります。

2.目標設定と達成感

短期・中期・長期の目標を設定することで、学習の方向性が明確になり、目標達成時の喜びも味わえます。

3.進捗の可視化

計画を立てることで、自分の学習の進み具合を客観的に把握しやすくなります。

4.ストレス軽減

計画があることで、「何をすべきか」という不安が減り、心理的な負担が軽くなります。

5.時間管理能力の向上

計画を立て、それに従って学習することで、時間管理のスキルが身につきます。

計画を立てる際のポイントとしては:

無理のない計画を立てる

最初から高い目標を設定せず、徐々にレベルアップしていく計画が望ましいです。

柔軟性を持たせる

体調や気分に応じて調整できるよう、ある程度の余裕を持たせることが大切です。

具体的な目標を設定する

「1日3ユニット進める」など、具体的な目標を立てることで、達成度が分かりやすくなります。

定期的な見直しをする

月に1回程度、計画の進捗状況を確認し、必要に応じて調整することが効果的です。

計画的に学習を進めることは、単に学習効果を高めるだけでなく、自己管理能力や目標達成のスキルを養う良い機会にもなります。

ただし、計画に縛られすぎて学習が苦痛にならないよう注意が必要です。あくまでも計画は学習を支援するためのツールであり、目的ではありません。

お子さんの状況や気持ちに合わせて、柔軟に対応していくことが大切です。

注意点2:保護者がサポートする

すららで不登校児が学ぶ際の注意点2つ目が、保護者がサポートすること。

保護者のサポートには以下のような意義があります:

1.精神的な支え

保護者の理解と励ましは、お子さんの学習モチベーションを維持する大きな力となります。

2.学習環境の整備

集中して学習できる空間や時間を確保することで、効果的な学習をサポートできます。

3.進捗の確認と褒める

お子さんの学習状況を把握し、努力や成果を適切に評価し、褒めることで自信を育めます。

4.困難時のフォロー

学習につまずいたときに、一緒に考えたり励ましたりすることで、乗り越える力を与えられます。

5.規則正しい生活リズムの維持

学習習慣と合わせて、健康的な生活リズムを保つようサポートすることが大切です。

保護者のサポートは、お子さんの学習成功の鍵となります。しかし、そのサポートは押し付けではなく、お子さんの自主性を育む形で行うことが重要です。

適切なサポートにより、お子さんは学習に対する自信と意欲を高め、将来的な学校復帰や社会適応に向けて着実に歩みを進めることができるでしょう。

注意点3:学習環境を整える

すららで不登校児が学ぶ際の注意点3つ目が、学習環境を整えること。

適切な学習環境を整えることで、以下のような利点があります:

1.集中力の向上

静かで整理された環境は、学習への集中を助けます。

2.学習習慣の形成

決まった場所で学習することで、日々の習慣づけがしやすくなります。

3.心理的な切り替え

学習専用のスペースがあることで、「学習モード」への切り替えがスムーズになります。

4.快適性の確保

適切な照明や温度管理により、長時間の学習でも快適に取り組めます。

5.モチベーションの維持

整った環境は学習意欲を高め、継続的な学習を支援します。

効果的な学習環境を整えるためのポイントとしては:

専用スペースの確保

可能であれば、学習専用のスペースを設けます。難しい場合は、学習時間中だけでも特定の場所を学習専用にします。

適切な照明

目の疲れを軽減するため、明るすぎず暗すぎない照明を用意します。

快適な温度と換気

集中力を保つため、適切な室温を保ち、定期的に換気を行います。

静かな環境

騒音を遮断し、集中できる静かな環境を整えます。

整理整頓

必要な学習用具を整理し、すぐに取り出せるよう準備します。

姿勢を保つ家具

長時間の学習でも疲れにくい、適切な椅子と机を用意します。

デジタルデバイスの管理

学習に不要なスマートフォンなどは、学習中は手の届かない場所に置きます。

適切な学習環境を整えることは、単に学習効率を上げるだけでなく、お子さんの自律性や自己管理能力を育む機会にもなります。

自分で環境を整える習慣は、将来的な学校復帰や社会生活においても重要なスキルとなるでしょう。

ただし、環境づくりに固執しすぎて学習開始が遅れたり、完璧を求めすぎてストレスになったりしないよう注意が必要です。お子さんの状況や気持ちに合わせて、柔軟に対応していくことが大切です。

 

 

まとめ

すららは、お子さんのペースに合わせて学べる通信教育。

朝が苦手なお子さんも、夜型のお子さんも、自分のリズムで学習を進められます。

一人ひとりに合わせた学習プランで、「みんなと同じペースについていけない」という不安から解放されるかもしれません。

親御さんが学習状況をいつでも確認できるため、「ちゃんと勉強しているかな」という心配も減るでしょう。

もちろん、すららを使い始めたからといって、不登校の悩みが解決するかどうかはわかりません。

ただ、不登校でによる不利益からお子さんを見守り、適切にサポートする手段にはなりえるのではないでしょうか。

すららを活用して、お子さんの未来を明るく照らす光になれるよう、頑張っていきましょう。

 

 

-小学生の通信教育