スマイルゼミ 通信教育

スマイルゼミを辞めた理由/小学生・中学生・幼児で最も多い原因

スマイルゼミを辞めた理由/小学生・中学生・幼児で最も多い原因

これからスマイルゼミの入会を検討する方は、他の人がどんな理由で辞めているのかも気になりますよね。

スマイルゼミを辞めた理由を知っておけば、実際にそうなったとき「自分ならどうするか」の備えにもなります。

「幼児コース」「小学生コース」「中学生コース」と3つのコースがあるスマイルゼミ。辞めた理由にはどんなものがあったのでしょうか。

それぞれのコース別にスマイルゼミを辞めた理由と、辞めた理由として最も多かったものをまとめました。

スマイルゼミを辞めた理由/小学生コース

スマイルゼミ小学生コースを辞めた理由

小学生コースを辞めた理由1:遊び要素がなく単調

キャラクターやアニメーションで勉強を盛り上げてくれるチャレンジタッチとは違い、スマイルゼミはシンプルで遊び要素があまりありませんよね。

スマイルゼミにも毎日の学習をこなしたらゲームができるお楽しみはあります。

ただ勉強そのものにエンタメ感を求めるお子さんにとっては、スマイルゼミのシンプルさは合わないかもしれません。

逆に集中して勉強したいお子さんにとっては、キャラクターやアニメーションなど、遊び要素のないスマイルゼミが合うと思います。

小学生コースを辞めた理由2:タブレットのやり過ぎは悪影響だと感じて

2020年を境にして、小学校でもタブレットを使った授業が始まりましたよね。

学校だけではなく家でもタブレットとなると、お子さんへの悪影響もたしかに心配ですよね。

タブレットをさせすぎて「目が悪くならないか」「夜はちゃんと眠れるか」「依存症にならないか」など、心配するのもごもっとも。

情報通信技術(ICT)を使った学習は今後ますます盛んになるいっぽうで、子どもを守るITリテラシーはまだまだ確立されていないのが現状です。

学習環境を整えるためにタブレットを与えるのは親御さんの大切な役割ですが、デジタル教材は悪影響を受けないための配慮も必要です。

これからスマイルゼミへの入会を検討されている場合、タブレット1台で家庭学習が完結するスマイルゼミのメリットを最大化できるように、子どもを守るITリテラシーも備えておきたいですね。

小学生コースを辞めた理由3:スマイルゼミ以外にやることが増えた

スマイルゼミは1日15分の勉強時間で済むように設計されていますが、ほかのやるべきことが増えるとどうしても後回しになってしまいますよね。

時間管理を徹底して続ける方向もあったのかもしれませんが、それをやると親はイライラして子どもは勉強嫌いになるだけ。

そこを見越して解約に踏み切るトピ主さんはすごいですね。

お子さんのやりたいことなら何でもやらせてあげたいと思ういっぽうで、できることには限りがあるので優先順位をつけて取り組んでいくしかありません。

学習内容やレベルがどうこうというより、スマイルゼミよりも優先順位が高いことが増えてくると解約やむなしですね。

スマイルゼミ小学生コースを辞めた理由 まとめ

まずは最もユーザー数が多い、スマイルゼミ小学生コースを辞めた理由をお伝えしました。

小学生は自分の価値観が明確になってくる時期だからこそ、教材への好き嫌いもハッキリしてきますよね。

ほかの習い事への関心も出てきたり、タブレットばかりやらせていいのか心配になるなど、スマイルゼミ辞めた理由にも納得感がありました。

これから資料請求される方は、スマイルゼミを辞めた理由や親としての処し方などを考えつつ、入会を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

スマイルゼミを辞めた理由/幼児コース

スマイルゼミ幼児コースを辞めた理由

幼児コースを辞めた理由1:半強制的にやらせていた反省から

スマイルゼミに限らず、子どもの習い事につい強制力を働かせてしまうのは、親の気持ちあるあるだと思います。

ただ親御さんが強制力を働かせてやらせても、それでお子さんが勉強嫌いになってしまったら元も子もありませんよね。

幼児期はトピ主さんがおっしゃるように読書をしたり、絵を描いたり砂や泥にまみれて遊ぶなど、経験の中から大切なことをたくさん学べます。

さや
親が強制力を働かせるようになったら、スマイルゼミを辞める時期なのかもしれませんね。

幼児コースを辞めた理由2:自発的にやることが少ないから

せっかく始めたスマイルゼミだからこそ、親としては自発的に取り組んでもらいたかったですよね。

スマイルゼミはタブレット1台で勉強できるのが魅力ですが、幼児が自発的に取り組むにはハードルが高すぎます。

お子さんと一緒になってやってあげられると結果も違ったのかもしれませんが、忙しい親御さんだとなかなかそうはいきませんよね。

ただお子さんが自発的にやらないからといって、強制力を発動させないのはスゴイと感じました。

幼児コースを辞めた理由3:遊んでばかりになったから

さや
スマイルゼミのマイキャラ作りは、着せ替え人形的な要素があって楽しいですよね。

どんな服を着せようか、服に合わせたかぶり物は何がいいかなど、お子さんなりにいろんなファッションを試行錯誤しているうちに、マイキャラ作りが楽しくなったんでしょうね。

スマイルゼミは日々の講座をやって獲得したスターを集めると、マイキャラパーツに交換できるのですが、そこまでたどり着けなくて残念でしたね。

スマイルゼミ幼児コースを辞めた理由 まとめ

スマイルゼミ幼児コースを辞めた理由についてお伝えしました。

親が強制力を働かせてやらせてしまうのも、お子さんが自発的に取り組んでくれないのも、根本的な部分では一緒ですよね。

お部屋の中には「ゲーム」スマホ」「テレビ」「おもちゃ」など、お子さんの気を引くものがたくさんあるため、スマイルゼミに気が向かないのも無理はありません。

またスマイルゼミのマイキャラ作りにはまってしまうのも、幼児期ならでは寄り道です。

スマイルゼミはタブレット学習だからこそ、お子さんの自発性に期待したくなる教材。

さや
しかし、継続するにはお部屋の環境を整えたり、親御さんが一緒にやって近くで見守ってあげることが大切です。

 

 

スマイルゼミを辞めた理由/中学生コース

スマイルゼミ中学生コースを辞めた理由

中学生コースを辞めた理由1:塾を選択したから

中学生がスマイルゼミを辞める理由の多くが塾。

スマイルゼミは通信教育の中では高いほうですが、塾の費用と比べると圧倒的に安いですよね。

スマイルゼミよりも費用が高くなっても塾を選ぶのは、勉強する環境や成績アップのノウハウが備わっているため。

周りに同級生がいる緊張感のある環境、成績アップのための直接指導などはスマイルゼミでは買うことができません。

高校受験対策の最新情報なども豊富なため、料金の比較では得られないメリットが塾にはありますよね。

そのためスマイルゼミと塾の併用は難しく、塾一本になるケースが目立ちます。

お子さんにもいつかは塾通いする日が訪れるかもしれません。

スマイルゼミのメリットは学習習慣をつけることと、基礎固めができること。

特にコアトレは無学年学習ができるので、得意科目を伸ばしたり苦手科目の克服にも最適です。

いつかは訪れる通塾まではスマイルゼミでしっかり基礎固めしておくと、中学の難しい勉強にもついていけるようになります。

塾は中学生になってからと考えている親御さんも、小学生のうちからコアトレで基礎固めしておいて損はないと思います。

 

 

スマイルゼミを辞めた理由/最も多い原因はゲーム

スマイルゼミを辞めた理由で最も多い原因はゲーム

スマイルゼミがゲーム機と化して辞めた

ご褒美ゲームは勉強の励みになる反面、種類も豊富でついやりすぎてしまうのが悩ましいところ。

スマイルゼミがゲーム機と化してしまうのはどんなタイミングなのでしょうか。

ココに注意

勉強する時間よりゲームをする時間が長くなってきたら一つのサイン。もうひとつのサインはスイッチやオンライン対戦など本物のゲームをやり始めたとき。

本物のゲームをやり始めると、スマイルゼミのゲームがつまらなくなってタブレットを開かなくなるケースがあります。

勉強の仕方が雑なってないかなど、ゲームから察知できるサインを見逃さないようにしたいですね。

お試し期間中にゲームばかりするので辞めた

スマイルゼミは2週間のお試し期間であっても、通常通りゲームも試すことができます。

お試し期間のスタートからゲームにはまってしまうと、スマイルゼミの会費やタブレット代も安くはないので、さすがに見通しも明るくないですよね。

とはいえ、スマイルゼミに入会したお子さんはゲームをやるために勉強を頑張るケースがほとんどです。

ゲームは時間さえ決めてやれば、お子さんのリズムやモチベーションを損なわずに継続しやすくなります。

2週間のお試し期間だけもやってみたい場合は、以下の記事の手順を参考にしてください。

ゲーム以外では写真やお絵かきが辞める原因になることも

スマイルゼミはゲームだけではなく、写真を撮ったりお絵かきできたりして遊べますよね。

特にタッチペンの性能が良く、適度に引っかかりがあって細かいタッチまで表現しやすいため、タブレットに絵を描いてみたいお子さんにとってはうってつけです。

ただお絵かきなどの遊びがメインになってしまうと継続受講はツラいもの。

スマイルゼミは解約後にAndroidタブレットとして利用できるので、絵の練習をするには最適なガジェットになると思います。

 

 

スマイルゼミへ申し込む前にやめた理由

スマイルゼミへ申し込む前にやめた理由

申し込む前にやめた理由1:雑な文字を指摘されるから

スマイルゼミは2020年あたりから美文字機能がアップデートされて、 識字判定が厳格化されました。

書き順はもちろん、「とめ」「はね」「はらい」についても判定が厳しくなったので、何度も書き直すうちに字がきれいになると評判の美文字機能。

多数の意見が反映された結果なんでしょうが、文字を書くのに難のあるお子さんにとっては、心が折れるだけの余計なアップデートになってしまいましたよね。

せめて美文字判定機能に「ON」と「OFF」を設定があれば、無理なく続けられると思うのですが。。。

ただ漢字を書くのが好きだったり、漢検資格の取得を目指すお子さんにとって、スマイルゼミは手を汚さずにタブレットを1台で効率良く漢字の勉強ができる教材。

スマイルゼミを受講していれば、年に1回は漢字検定を無料で受検できるで、興味のあるお子さんは学習目標のひとつに掲げてみてはいかがでしょうか。

申し込む前に辞めた理由2:初期費用が高いから

スマイルゼミは専用タブレットの購入費用と初月の月謝で、14,000円~18,000円くらいかかります。

またオプションとはいえ、タブレット破損時の買い換え費用が安くなる保険に加入すると、さらに年間3,600円の費用が別途かかります。

初期費用が高くなるほど、わが子がホントに続けられるのかが不安になりますし、1年未満の早期退会だと解約する際に違約金も発生しますよね。

ちなみに6ヶ月未満でスマイルゼミを退会すると32,802円、1年未満で退会すると7,678円が専用タブレット代として追加で請求されます。

スマイルゼミは初期費用だけではなく、早期退会しても費用がかかるので、申し込みをためらうのも無理はないと思います。

スマイルゼミへの入会前にやめた理由 まとめ

スマイルゼミに申し込む前に、入会するのをやめた理由についてお伝えしました。

言われても字をきれいに書けない子にとって、美文字判定のアップデートが入会をやめる要因になっているとは意外でした。

わが子のことだけで、子どものいろんなことが想像できるようになるわけじゃないんだと実感しますね。

逆に初期費用の高さを感じたときの、迷いためらう心模様はよくわかります。

子どものことなので続けられるかどうかって、実際のところはやってみないとわかりませんからね。

スマイルゼミに申し込む前にやめた理由を踏まえると、まずは教材のことをよく知ることから始めることが大切だとわかります。

スマイルゼミは資料請求すれば、約100ページの分厚いパンフレットが手元に届きます。

ネットには掲載されていない詳細な情報も調べることができるので、最終的に入会するしないにかかわらず、スマイルゼミのことが気なったら資料請求しておくのがおすすめです。

 

 

スマイルゼミをやらなくなったらすぐ辞めるべき?

スマイルゼミをやらなくなったらすぐ辞めるべき?

やらなくなったら環境を変えてみよう

スマイルゼミには、お子さんのモチベーションを維持できるようなご褒美ゲームがたくさんあります。

しかし、ゲームとなるとスイッチやスマホなど、スマイルゼミ以外にもたくさんありますよね。そうなるとご褒美ゲームも魅力的ではなくなるため、モチベーションを保つのが難しくなります。

また、ほかのご褒美で釣ったとしても、スマイルゼミに気持ちが向くわけではないので、続けていくのはなかなか大変です。

やる気って振り絞って出るわけではなく、親御さんに促されたから湧いてくるものでもない、コントロールできない不思議な感情。

お子さんがスマイルゼミをやらなくなってきたら、まずは環境を変えてみてはいかがでしょうか。

普段から勉強部屋でスマイルゼミをやっているお子さんなら、リビングに場所を移してみたり、天気が良い日は公園でやるのもいいかもしれません。

もし部屋が散らかっているなら、片付けてきれいにするだけも気分転換につながりますよ。

さや
お子さんがスマイルゼミをやらなくなったら、できる範囲で構わないので、環境を変えてみることからはじめてみましょう。

やる気がなくなった原因を探してみよう

なぜスマイルゼミをやらなくなったのかは、お子さんに聞いても本当のところはわかりませんよね。

問題が簡単すぎると感じていたお子さんにとっては、スマイルゼミをやる時間を退屈に過ごしていたのかもしれません。

逆に問題が難しいと感じていたお子さんにとっては、スマイルゼミをやる時間が苦痛でしかなかったのかもしれません。

教材の難易度がお子さんにあってなかった場合は、発展クラスを受講するか、コアトレで先取り学習やさかのぼり学習をやってみるといいでしょう。

今の学年とは違うことをやってみることで、それまでとは違ったスマイルゼミの景色に変わります。

また1人で勉強するのが苦手なお子さんもいます。

例えば、幼児や小学校低学年のお子さんであれば、親御さんがそばにいないからスマイルゼミをやらなくなった可能性もあります。

やる気はほんのちょっとのきっかけで、再び芽生えたりするもの。

さや
スマイルゼミをやめてしまう前に、親御さんのできる範囲で「やる気スイッチ」を探してみてはいかがでしょうか。

親子でストレスになるならすぐ辞めよう

声がけしてスマイルゼミを続けてきたご家庭は、続ける可能性を探ることすらストレスになりますよね。

親御さんはイライラ、お子さんはイヤイヤな状態でスマイルゼミを続けても、親子関係が悪化するなら本末転倒。

無理してスマイルゼミを続けることで、勉強が嫌いになってしまうリスクもあります。

ココがポイント

勉強ができても勉強が好きなお子さんは意外と少ないもの。なので、子供が勉強を好きになる必要はありません。

しかし、勉強を嫌いになってしまうと、学ぶことや考えることも放棄するようになってしまいます。

手を変え品を変えてスマイルゼミを頑張ってきたけど、結局やる気も起きずにやらなくなったのなら、辞めるべきタイミングになったのではないでしょうか。

お子さんが勉強嫌いになる前に、スマイルゼミを解約することも、親御さんにとっての大切な役割になると思います。

スマイルゼミをやらなくなったらすぐに辞めるべきかのまとめ

スマイルゼミをやらなくなったときの対処法をまとめておきます。

  1. まずは環境を変えてみる
  2. 2.やる気がなくなった原因を探してみる
  3. 3.親子でストレスになるならすぐ辞める

やる気を出すとかモチベーションを継続するのは、大人の私たちにとっても難しいことですよね。

やる気は環境が変わったり、バイオリズムが合えば復活することもあるため、まずはできる範囲で時間をかけてやる気スイッチを探してみたいところ。

ただ、これまでスマイルゼミを継続するためにいろんなことを試したけどやらなくなったのなら、お互いのためにすぐ辞めたほうがいいでしょう。

これからスマイルゼミへの入会を考えている親御さんは、お子さんが勉強が嫌いにならない距離感で見守ってあげられるといいですね。

 

 

スマイルゼミを辞めた理由まとめ

スマイルゼミを辞めた理由まとめ

最後に小学生・幼児・中学生、それぞれのコース別に、スマイルゼミを辞めた理由についてまとめておきます。

小学生がスマイルゼミを辞めた理由

  • アニメーションやキャラクターなどの遊び要素が足りないから
  • 学校でもタブレットを使っているので家では控えたいから
  • スマイルゼミ以外の習い事が忙しくなったから

幼児がスマイルゼミを辞めた理由

  • 親が強制的にやらせるのが良くないと思ったから
  • 自発的にやらなくなったから
  • 遊んでばかりになったから

中学生がスマイルゼミを辞めた理由

  • 塾に通うことを選んだから
  • スマイルゼミと塾の併用が難しいから

以上が、小学生・幼児・中学生がスマイルゼミを辞めた主な理由です。

学年ごとではなく、すべての立場で共通して最も多かった理由がゲーム。

スマイルゼミが完全にゲーム目的になって、問題を解くのが雑になることが辞めた理由になっていることが多く見受けられました。

スマイルゼミのゲーミフィケーション効果はお子さんをその気にさせる面もありますが、行きすぎるとゲームしかやらなくなるリスクがあります。

また字を書くのに難のあるお子さんにとっては、文字判定の厳しさで心が折れて辞めてしまうケースがあることもわかりました。

さや
いずれも親御さんのリスクマネージメントで回避できる部分もあるので、お子さんがスマイルゼミを始める際には気をつけてあげたいですね。

 

 

-スマイルゼミ, 通信教育